defoのチラ裏が気になるゾ(´・ω・`)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国製のダイナモに交換したら、3ヶ月持たなかった。

今年のゴールデンウイーク前に、愛車のダイナモ(オルタネーター)が故障して、自分で交換しようと思い立ち、すぐに駄目になった部品を手配して、問題なく動いてたんですが、結局駄目になってしまいました。

たったの3ヶ月

現在乗っている車は、今年じゅうに廃車の予定だったら、なるべく安くしたいとの思いから、どうやったら安くできるのかを調べました。

修理を頼んだら5〜7万円

最初はすぐに修理してもらおうと思ったんですが、廃車にする車にそんなにお金をかけられない。
ではどうするか?

自分で交換したら2〜3万円

いざ部品を発注しようと思って、情報収集していると、どうやら中国製のダイナモが安いらしい。
日本で修理されたリビルト品と言う信頼できるパーツは、意外と高い。
大体4万円前後します。それだけ払うなら修理を頼んだ方がいいかな?と思って、いざ発注。
結構手間取りましたが、なんとか交換してセルモーターを回したら、警告ランプもつかずにエンジンも好調にまわっておりました。

それから約3ヶ月

再度警告ランプが点灯。
現在まだ新しい車が来るまで、まだ二週間近くあるので、職場まで自転車通勤してるんだゾ。

まとめ

やはりちょっとくらい高くても、日本のリビルト品を購入するべきでした。
(´・ω・`)