defoのチラ裏が気になるゾ(´・ω・`)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底GI値ダイエットなら、『先フル』や『先サラ』がオススメ

糖質制限ダイエットは一時期はやっていましたが、やり方を間違えると体調をくずしたり、ずっと続けなければいけないなどと言われてしまいがちです。

無理して糖質を制限しても体にいいわけありません。

糖質制限だけをするのではなく、きちんとトレーニングをメニューに加えて、体を動かすのも非常に大事です。

しかし、糖質をただ制限するのではなく、無理せず続けられるように食事の順番などに特に気をつけた方が良いです。

そこでオススメするのが今回紹介する方法。

GI値を下げる食事法『先サラ』


勝手に造った造語ですが、要は『食事の前に先にサラダを食べる』って事なんですが、これが底GI値ダイエットの秘密で、健康にも良いのでぜひオススメしたい食事法です。

GI値を下げる食事法は、低インスリンダイエットとも呼ばれていて、糖の吸収を抑える食事のとり方を言います。

具体的にどうすれば底GI値の食事になるのか?


話しは単純で、底糖質ダイエットで摂取してはいけない食材を、出来るだけ食事の最後に食べるようにするだけで、GI値の低い食事になります。

まず最初に食べるのがサラダ。

サラダは水分も豊富で、きちんと噛んで食べないと飲み込めません。

さらにサラダには糖質がほとんど含まれていないのもポイントです。

しかし、ポテトサラダのように炭水化物を多く含むようなサラダは食事の後半に持ってくるようにしてください。

次に食べるのが、肉などのおかずで、気をつけるのはサラダの時と同じで、炭水化物の少ないものを先に食べていく感じになります。

ご飯粒や、麺類といったほとんどが炭水化物でできているような食材はできるだで食事の後半に持ってくる事で、食べる前に満腹感を感じさせるのも目的ではあるので、順番としては炭水化物の少ないものから多いものへ食べ進めていく感じが理想です。

  • サラダ
  • 肉・魚
  • 煮物など
  • ご飯や麺類

上記のような順番を意識して食べるだけでもかなり違います。

やっぱり運動も大事


『がんばってダイエットしてるのに……』とか、よく聞きます。

そういった人にぼくが聞くのが、『きちんと運動もしていますか?』というものです。

底糖質ダイエットに代表される、炭水化物を少なくしたり食べないダイエット方は、筋肉を収縮させてしまい、筋力低下によって生活しているだけで消費しているカロリーが少なくなってしまいます。

そうするとどうなるか?

リバウンドしやすくなります。

リバウンドしやすい体になってしまうと、前より食べなくても太ってしまったり、最悪の場合は体調さえくずしかねません。

そんなに簡単に体重を落とす事なんかできません。

簡単なダイエットなんかないんだよ!

としっかり認識して楽しく続けられるダイエットに取り組みましょう。

体が資本ですからね?